【おすすめ通信制高校3選】
進学・進路に関する
サポート力No.1
難関大学
目指すなら
IT・グローバルに
強い授業内容
第一学院
高等学校

詳細はこちら ▶

クラーク記念
国際高等学校

詳細はこちら ▶

N高等学校

詳細はこちら ▶

【2019年版】全国通信制高校比較Navi » 通信制高校を知ろう » 学費や諸経費

学費や諸経費

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

こちらでは通信制高校でかかる学費や諸経費、全日制高校との差額、奨学金や支援金について解説します。

通信制高校に通うことでかかる主な学費

通信制高校にも全日制高校と同じように公立校と私立校があります。公立の通信制高校の学費は私立よりも安く設定されています。

公立の通信制高校の費用

入学金 500円 授業料 年間1万円~3万円くらい (1単位 300円~) 諸費用 年間3万円くらい

私立の通信制高校の費用

入学金 2万円~5万円 授業料 年間18万円~ (1単位当たり 6,000円~) 諸費用 年間3万円くらい

私立の通信制高校の場合、メールやネットでレポートを提出できたり、学習方法などについてのサポートが充実しているので、何かわからないことがあっても、しっかり解決してから学習をすすめていくことができます。

スクーリングやテストのスケジュールも私立なら柔軟に対応してもらえます。また、公立では個人で勉強スケジュールを立てて学習していかなければならないので途中で挫折してしまうケースが多いのですが、私立の場合は圧倒的に卒業する人が多いので、費用が高くても私立を選ぶ人が増えています。

全日制高校との差額

平成26年度に文部科学省が発表した「子供の学習費調査」によると、全日制高校の学校教育費は公立校で242,692円、私立校で740,144万円となっています。「子供の学習費調査」では通信制高校が対象にはいっていないのですが、公立、私立とも全日制高校より安く設定されています。

その他にかかる費用

自分の力だけで通信制高校を卒業することが難しいと考え、サポート校などを利用して卒業を目指す人も多いです。サポート校でかかる費用は登校日数、コース、設備などで異なりますが、私立の全日制高校と同じくらいの金額になり、入学金、授業料、施設費など合わせ、だいたい初年度納入金が50~100万円となります。

サポート校だけでは高校を卒業できないのでサポート校と通信制高校の費用が必要になり、費用的には負担が多くなるのですが、通信制高校のレポートや認定試験の対策をしてくれたり、スクーリング指導のサポートもしてもらえるので学習に不安がある人にとっては卒業まで強い味方となります。

またサポート校では将来のために資格取得授業や職業体験授業なども受けることができますし、カウンセラーがいるので、いじめなどで不登校になってしまい登校に不安を感じている人の心のサポートもしてもらえます。

奨学金や支援金について

高等学校等就学支援金

通信制高校には高等学校等就学支援金を使うことができます。高等学校等就学支援金とは、高校に通学する生徒が学校を通して国に申請することでもらえる支援金のことで、世帯年収によっては公立通信制高校の授業料が無料になり、私立通信制高校の授業料が年間約12万円減額されます。支援金をもらう条件は色々あるのですが、ボーダーラインが年収910万円未満なので多くの人が利用することができます。

通信制高校に入学する際には受講料を先払いしなければなりませんが、就学支援金が受けられると後から戻ってくるので実質無料になり、諸経費を入れたとしても年間1~2万円で公立の通信制高校を卒業できます。「授業料等減免制度」対象の生徒なら入学金の500円も免除になることがあります。

私立の通信制高校の場合は就学支援金をもらっても自費を出す必要があるのですが、勉強のしやすさ、卒業のしやすさから私立を選ぶ人も多いです。

※就学支援金や授業料等減免制度の詳細については各市町村役場に問い合わせてください。

奨学金

奨学金を利用するには学校が参加する基金や日本学生支援機構に審査をしてもらう必要があります。ただ将来返済する義務があり利子もかかるので、よく考えてから借りるようにしましょう。

SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較