全国通信制高校比較Navi【2021年最新】 » 【エリア別】おすすめ通信制高校情報まとめ » 鹿児島の通信制高校一覧

鹿児島の通信制高校一覧

公開日: |更新日:

鹿児島県内には、複数の通信制高校のキャンパスが存在します。一口に通信制高校といっても、学習スタイルや学費、キャンパスの設備など、学校によってその特徴は異なります。また、いくら通学頻度の低い通信制高校だったとしても、遠方に通うのは負担が大きいでしょう。そのため、学校選びは非常に重要なポイントだといえます。

このページでは、複数ある鹿児島県内にキャンパスを持つ通信制高校の中から、いじめ防止基本方針を公開しており、専門コースを設けている通信制高校を2をピックアップし、それぞれの学校の特徴や口コミ・評判などについて詳しく紹介しています。なお、このページの情報は、2021年11月時点での内容となっています。

鹿児島のおすすめ通信制高校

鹿児島県内にキャンパスのある通信制高校の中から、おすすめの通信制高校を選んでご紹介します。学校の特徴やキャンパス所在地、口コミ・評判などをまとめたので、通信制高校選びに役立ててはいかがでしょうか。

第一学院高等学校

第一学院高等学校公式HP画像
参照元:第一学院高等学校公式サイト
(https://www.daiichigakuin.ed.jp/)

第一学院高等学校の特徴

学校の特徴
  • キャンパスライフを楽しめる
  • 複数のコースがあり、1人1人の状況や目指す進路・目標によって学び方が選択できる
  • 理解度別に4つのステージが用意されており、自分に合ったレベルから学習をスタートできる
  • タブレット端末により、いつでもどこでも受講が可能
  • 在学中はもちろん、卒業後もキャリアカウンセラーによるキャリアサポートが受けられる
鹿児島にあるキャンパスの所在地 【鹿児島キャンパス】
鹿児島県鹿児島市中央町4-42山下事務器ビル3F(MUGEN高等学院)

第一学院高等学校の口コミ・評判

  • 再試のときほぼ1対1で教えてくれたり、いじめもなくて、友達もできてスクーリングも楽しく過ごしました。先生と友達みたいに仲良くて楽しかったです!辞めようか考えたとき引き止めてくれて、学校めんどくさくて休みがちになったときはしつこいくらい毎日のように電話かけてきて、うざって思うくらい心配してくれた担任の先生に感謝してます!!
    卒業して何年経っても思うことは第一学院でよかったって思ってます!いい高校生活送れました!
  • 私は全日制に通っていたのですが、自分のクラスの教室が嫌で授業中に廊下をうろついたり、保健室に行ってました。先生は相談には乗ってくれるけど、ただただ同情されてる感じで嫌でした。でも第一学院の先生は親身に相談に乗ってくれ、心から心配してくれている感じがしました。最初の登校日は不安で仕方なかったです。でも先生が話しかけてくれて、どんどん馴染めるようになりました。私は小中と同級生から毎日のように悪口を言われたりしたのですが、この第一学院ではそんなことをする人はいなかったのでとても安心できました。本当に第一学院にして良かったと思います。

保護者の方はこちら

高校生の方、高校中退の方はこちら

クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校公式HP画像
参照元:クラーク記念国際高等学校公式サイト
(https://www.clark.ed.jp/)

クラーク記念国際高等学校の特徴

学校の特徴
  • 全日型教育を実施しており、週5日の登校でキャンパスライフを楽しめる
  • 週1日からの通学頻度を選べるコース有
  • 基礎学力オールチェックの結果を元に個別に指導方針を決定
  • 大学進学対策授業あり
  • 一般的な教科のほかに、IT、プログラミング、ダンス、演劇、デザイン、保育、スポーツなどを学べる専門コースも設置されている
  • 教員は、学習心理支援カウンセラーの資格を保有している
  • 生徒が担任を選べる「パーソナルティーチャー制度」あり
鹿児島にあるキャンパスの所在地 【鹿児島キャンパス】
鹿児島県鹿児島市上荒田町6-18

クラーク記念国際高等学校の口コミ・評判

  • 私的にはとても良い学校だと思います。ネットではかなり評判が悪かったので少し心配もありましたが基本的には真面目で勉強熱心な人が殆どです。クラーク高校の良いところは、生徒主体なところとグローバル化に力を入れているところだと思います。勉強に集中したかったり英語に興味がある方にはとてもおすすめしたい学校。

  • クラーク記念国際高等学校は生徒に夢を持つことの大切さを教えてくれます。ただ言うだけじゃなくて生徒それぞれの夢に合わせて、先生たちが考え抜いて勉強を教えてくれるのですごく励みになります。わたしもクラーク記念国際高等学校じゃなかったら大学に行けてはなかったと思います。
  • 好きなコースを選んで高校生活を送ることができるクラーク記念国際高等学校は、楽しみながら高校卒業資格を目指すことの出来る通信制高校です。自分は声優コースに入って発声の練習をしています。将来は声優さんになってたくさんのアニメに出演したいなと感じています。

クラーク記念国際高等学校の公式サイトはこちら

鹿児島にキャンパスがある通信制高校一覧

第一学院高等学校

第一学院高等学校のおすすめポイント

自分のペースで通学が可能です。少人数でのチーム学習と個別指導を組み合わせ、学習をサポートしてくれます。また、進路についてもサポートがあり、卒業生の進路決定率は90%を超えています。

第一学院高等学校の基本情報

公式サイトURL https://www.daiichigakuin.ed.jp/
お問い合わせ 099-806-7087

第一学院高等学校の鹿児島キャンパス情報

鹿児島キャンパス 鹿児島県鹿児島市中央町4-42山下事務器ビル3F(MUGEN高等学院)

NHK学園高校

NHK学園高校のおすすめポイント

3つのコースから自分の合うコースを選ぶことができます。また、253校の指定校推薦があり、卒業生の約57%が大学や専門学校に進学しています。

NHK学園高校の基本情報

公式サイトURL https://www.n-gaku.jp/sch/
お問い合わせ 0120-451-424

NHK学園高校の鹿児島キャンパス情報

鹿児島キャンパス 鹿児島県鹿児島市西谷山1-2-1

鹿島学園高校

鹿島学園高校のおすすめポイント

週2日~5日制、週1日制、自宅学習制、個人指導制、家庭教師制、ネット指導制などの学習スタイルが設けられており、自分でえらぶことができます。また、オプションコースで興味のあるものを選んで受講することも可能です。

鹿島学園高校の基本情報

公式サイトURL https://www.kg-school.net/gakuen/
お問い合わせ

099-296-9432(鹿児島キャンパス)

0994-65-8011(鹿屋キャンパス)

0996-29-5272(薩摩川内キャンパス)

鹿島学園高校の鹿児島キャンパス情報

鹿児島キャンパス 鹿児島県鹿児島市武1-5-22 エスポワールリアンビル2F
鹿屋キャンパス 鹿児島県肝属郡肝付町宮下248-5
薩摩川内キャンパス 鹿児島県薩摩川内市鳥追町3-1-1F

精華学園高等学校

精華学園高等学校のおすすめポイント

レポート、スクーリング、年2回のテストで単位取得を目指します。スクーリングのペースや1日の時間割は決められておらず、自分で決めることができます。

精華学園高等学校の基本情報

公式サイトURL https://www.seikagakuen.ac.jp/
お問い合わせ 050-6875-0898

精華学園高等学校の鹿児島キャンパス情報

鹿児島キャンパス 鹿児島市宮之浦町916-9

やまと高等学校

やまと高等学校のおすすめポイント

高校で一般的に学習する教科に加え、独自のプログラムが設置されています。ICTを活用した新しい学びのスタイルで、目的に合わせて3つのコースから自分に合うコースを選ぶことができます。

やまと高等学校の基本情報

公式サイトURL https://yamato-hs.ed.jp/
お問い合わせ 0120-333-053

やまと高等学校の鹿児島キャンパス情報

そよ風学舎 鹿児島校 鹿児島県鹿児島市中央町16-5 Macken BLDG.6F

屋久島おおぞら高等学校

屋久島おおぞら高等学校のおすすめポイント

屋久島おおぞら高等学校に通学する生徒全員が参加する「屋久島スクーリング」があり、大自然を体験できます。あらゆる物事のつながりを大切にする「ホリスティック教育」を行っています。

屋久島おおぞら高等学校の基本情報

公式サイトURL https://www.ohzora.ac.jp/
お問い合わせ 0857-37-3100

屋久島おおぞら高等学校の鹿児島キャンパス情報

鹿児島キャンパス 鹿児島県熊毛郡屋久島町平内34-2

クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校のおすすめポイント

全日型教育と呼ばれるスタイルで、週5日の通学でキャンパスライフが楽しめます。基礎学力オールチェックの結果を元に、個別に指導計画を立ててくれるため、学力向上を目指しやすい環境になっています。また、大学進学対策の授業もあります。

クラーク記念国際高等学校の基本情報

公式サイトURL https://www.clark.ed.jp/
お問い合わせ 099-813-8360

クラーク記念国際高等学校の鹿児島キャンパス情報

鹿児島キャンパス 鹿児島県鹿児島市上荒田町6-18

並木学院高等学校

並木学院高等学校のおすすめポイント

自分のライフスタイルに合わせ、月2日登校・週2日登校・週5日登校の中から通学スタイルを選べます。グループの7法人30校で連携しており、グループ校への進学も可能です。

並木学院高等学校の基本情報

公式サイトURL https://namikigakuin.ac.jp/
お問い合わせ 0995-55-8454

並木学院高等学校の鹿児島キャンパス情報

姶良学習支援センター 鹿児島県姶良市加治木町反土1010-2

桜心学院高等部

桜心学院高等部のおすすめポイント

体育・書道・美術の授業や、各種イベントを行うさくらレッスンの他、資格・検定試験対策を行ってくれます。完全個別授業のため、学力面に不安があっても問題ありません。

桜心学院高等部の基本情報

公式サイトURL https://ohshin-kotogakuin.com/
お問い合わせ 099-813-7515

桜心学院高等部の鹿児島キャンパス情報

鹿児島キャンパス 鹿児島県鹿児島市西千石町3-21有馬ビル6F

ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス高等学校のおすすめポイント

習熟度別の個別指導が充実しており、登校ペースも週1日~5日で選択可能なため、無理なく学習することができます。

ヒューマンキャンパス高等学校の基本情報

公式サイトURL https://www.hchs.ed.jp/
お問い合わせ 099-216-8312

ヒューマンキャンパス高等学校の鹿児島キャンパス情報

鹿児島学習センター 鹿児島県鹿児島市西千石町17-3 太陽生命鹿児島第2ビル5F

開陽高等学校

開陽高等学校のおすすめポイント

レポート作成と週1回のスクーリング、年2回のテストによって単位が認定されます。学科は、普通科と衛生看護学科の2つあり、スクーリングは各地区の協力校で受けることも可能です。

開陽高等学校の基本情報

公式サイトURL http://www.edu.pref.kagoshima.jp/sh/kaiyo/tsushin/
お問い合わせ 099-263-3733

開陽高等学校の鹿児島キャンパス情報

鹿児島キャンパス 鹿児島市西谷山1-2-1

神村学園高等部

神村学園高等部のおすすめポイント

一斉授業ではなく、添削課題プリントのレポートを中心に進める授業形式のため、自分に合ったペースでの通学が可能です。

神村学園高等部の基本情報

公式サイトURL https://angel.kamimura.ac.jp/koiki/
お問い合わせ 0996-32-3232

神村学園高等部の鹿児島キャンパス情報

鹿児島本校 鹿児島県いちき串木野市別府4460

ワオ高等学校

ワオ高等学校のおすすめポイント

年2回のスクーリング以外の授業はすべてオンラインで完結。海外留学や大学受験対策にも対応してくれます。

ワオ高等学校の基本情報

公式サイトURL https://www.wao.ed.jp/
お問い合わせ 0120-44-50-33

ワオ高等学校の鹿児島キャンパス情報

※鹿児島県にキャンパスがあることは確認できますが、市町村以降の住所が確認できませんでした。

鹿児島県の通信制高校事情

鹿児島県の不登校者数

文部科学省が公表している2020年度の問題行動等調査によると、鹿児島県内の不登校者数は、小学生が472人、中学生が1561人、高校生が974人となっています。1000人あたりの人数で見ると、小学生が5.2人、中学生が34.6人、高校生が22.2人となっており、都道府県別ランキングでは、47位、34位、5位を記録しています。

全国と比較すると、鹿児島県の小学生の不登校者率は最も低いということがわかります。一方で、高校生においては、都道府県ランキングで5位を記録し、全国平均を大きく上回る結果となっています。

鹿児島県の高校進学率及び卒業者に占める就職者の割合

鹿児島県の高校進学率

鹿児島県庁が公表している令和2年度の学校基本調査によると、鹿児島県内の中学卒業者のうち、99.0%の人が高校へと進学しています。鹿児島県内のほとんどの中学生が高校へと進学していると言えますね。

鹿児島県の高校卒業後の進学者の割合

鹿児島県庁が公表している令和2年度の学校基本調査によると、鹿児島県内の高校卒業者のうち、43.5%が大学や短期大学に進学しています。全国平均をかなり下回っており、鹿児島県の高校を卒業した人のうち半数以上は大学等へ進学していないことがわかります。

鹿児島県の高校卒業後の就職者の割合

鹿児島県庁が公表している令和2年度の学校基本調査によると、鹿児島県内の高校卒業者のうち、27.5%の人が高校卒業後に就職しています。全国平均と比べると、高い割合となっています。また、就職先は、鹿児島県内が56.0%、県外が44.0%となっています。県外での就職をする人もかなりの数いるということがわかりますね。

鹿児島県の通信制高校数とキャンパスの数

鹿児島県内にキャンパスがある通信制高校:4校

鹿児島県内にキャンパスのある通信制高校は、公立校が「鹿児島県立開陽高校」の1校、私立校が「屋久島おおぞら高校」「神村学園高等学校」「鹿児島実業高校」の3校の合計4校となっています。

また、私立の通信制高校に関しては、学習センターやサポート校を鹿児島県内に設置している広域通信制高校も含むと、かなりの数になります。学習センターやサポート校でも、日々の学習の相談から進路相談まで対応してくれるため、十分であると言えます。

鹿児島県に住んでいても通える通信制高校:12校以上

鹿児島県内に住んでいても通える通信制高校は、少なくとも12校はあります。これらの高校は、鹿児島県内に学習拠点を設けている高校ですので、定期的なスクーリングが可能です。この他に、鹿児島県内に学習拠点がなくても、年に数回のスクーリングとオンラインでの授業のみで卒業を目指せる学校もあります。そういった学校の場合、鹿児島県に住んでいても入学可能な場合があります。

全日制高校と比べると、通信制高校の数は圧倒的に少ないですが、十分選択肢があると言えるでしょう。

鹿児島県のタイプ別通信制高校数

  • 毎日登校可能な通信制高校数:6校
  • ネット授業可能な通信制高校数:9校以上

通信制高校には、さまざまなタイプが存在します。大きく分けると、登校をメインとする学校と、インターネットを利用して学習を進める学校です。

鹿児島県内には、登校をメインとし、毎日登校が可能な通信制高校が6校あります。第一学院高等学校、クラーク記念国際高等学校、鹿島学園高等学校、精華学園高等学校、ヒューマンキャンパス高等学校、神村学園高等部の6校です。これらの学校では、全日制の高校と同じようなキャンパスライフを楽しむことができます。部活動や学校行事が盛んな学校も多いので、ただ勉強をするだけではなく、友達作りをして学校生活を楽しみたいという場合には、このタイプの学校を選ぶと良いでしょう。

また、こういった登校頻度の高い通信制高校では、学習面のサポートがしっかりしていたり、高校の一般的な教科ではない専門コースが設けられていたりする場合も多くあります。学習面で不安を感じている方や、高校在学中に専門資格を身に付けておきたいと考えている方にも向いているといえます。

一方で、学校行事にはあまり参加したくないという方や、仕事をしながら高校に通いたいと考えている方、自分のペースで学習したいと考えている方には、ネット授業の受けられる通信制高校をおすすめします。年に数回のスクーリングで済むので、自由に使える時間が増え、やりたいことに挑戦できる時間も生まれるでしょう。このタイプの通信制高校で、鹿児島県内にキャンパスがあるのは、NHK学園高等学校、やまと高等学校、屋久島おおぞら高等学校、ワオ高等学校、並木学院高等学校の5校が挙げられます。

また、登校をメインとしている高校のうち、第一学院高等学校、クラーク記念国際高等学校、鹿島学園高等学校、ヒューマンキャンパス高等学校は、コースによっては、ネットで授業を受けることも可能です。登校頻度を週2~3日にできるコースもあり、自学自習とスクーリングによる学習とのバランスを取りたい方に向いていると言えます。

鹿児島県の通信制高校の学費相場

  • 平均:年間約30~40万円程度(私立)
  • 学費が一番安い学校:鹿児島県立開陽高等学校(公立)-年間20,000円程度
  • 学費が一番高い学校:ヒューマンキャンパス高等学校(私立)-年間380,000円~約820,000円程度

鹿児島県内で最も学費が安い通信制高校は、鹿児島県立開陽高等学校の年間20,000円、学費が最も高い通信制高校は、ヒューマンキャンパス高等学校の年間820,000円となりました。また、平均的な学費は、年間300,000円~400,000円程度でした。ほとんどの高校で、年間の学費以外に入学金がかかります。入学金は、30,000円~50,000円程度が相場となっています。そのほか、スクーリングにかかる交通費やレポートを提出するための切手代、教科書代なども必要になるため、実質的な学費はもう少し高いと言えます。

なお、通信制高校の学費は、取得する単位数に大きく左右されます。1単位当たりの授業料を定めている高校が多いためです。ですので、途中編入の場合などは、学費は上記ほどはかからないと考えていいでしょう。一方で、高校の一般的な教科以外に資格を取りたい場合などは、取得する単位を増やす必要があるため、学費はかさむと考えておかなければなりません。

また、私立高校では、高校で学ぶ一般的な教科以外の専門コースを設けていることがあります。そういった専門コースの受講をする場合は授業料が高い傾向にあるようです。鹿児島県で最も学費の高いヒューマンキャンパス高等学校でも、一般的な通信課程であれば年間38万円と平均相場程度です。しかし、専門コースで専門学校レベルの授業も受けようと思うと年間82万円ほどまで学費が上がるというわけです。

    まとめ

    鹿児島県は、首都圏と比較すると、通信制高校の数は少ない傾向にあります。しかし、公立の通信制高校もあり、学習拠点を持つ広域通信制高校も含めると10校以上あるため、選択肢がないわけではありません。

    全国平均と比べると、高校卒業後の就職率が高い傾向にある鹿児島県。そのため、高校在学中にスキルを身につけておきたいと考える学生も多くいるでしょう。私立の通信制高校は、専門コースを設けている学校も多く、スキルを身に付けておきたいと考えている学生にはピッタリだと言えます。

    自分のライフスタイルや学習スタイルに合った高校選びをし、実りある高校生活を送りましょう。

    2019年
    おすすめの通信高校3選

    1. 第一学院高等学校

    不登校だった生徒への手厚いサポート、学校の馴染みやすさなら

    第一学院高等学校キャプチャ画像

    引用元(第一学院高等学校):https://www.daiichigakuin.ed.jp/

    詳細はこちら

    2. クラーク記念国際高等学校

    難関大学を目指すなら

    クラーク記念国際高等学校キャプチャ画像

    引用元(クラーク記念国際高等学校):https://www.clark.ed.jp/

    詳細はこちら

    3. N高等学校

    ITに強い授業内容

    N高等学校キャプチャ画像

    引用元(N高等学校):https://nnn.ed.jp/

    詳細はこちら

    SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較