全国通信制高校比較Navi【2019年最新】 » 【エリア別】おすすめ通信制高校情報まとめ » 日本全国の通信制高校を集めました » 通信制高校:日本航空高校の特徴・評判

通信制高校:日本航空高校の特徴・評判

【登録日:

- 登録日:

2019年
おすすめの通信制高校3選

1. 第一学院高等学校

不登校だった生徒への手厚いサポート、学校の馴染みやすさなら

引用元(第一学院高等学校):https://www.daiichigakuin.ed.jp/

詳細はこちら

2. クラーク記念国際高等学校

通信で難関大学を目指すなら

引用元(クラーク記念国際高等学校):https://www.clark.ed.jp/

詳細はこちら

3. N高等学校

ITに強い授業内容

引用元(N高等学校):https://nnn.ed.jp/

詳細はこちら

日本航空高校の特徴

日本航空高校通信制課程は、全国にある学習支援センターを活かしてどこからでも入学可能な高等学校。日本航空学園を母体としており、卒業証書も全日制と同じものなので本当に高卒資格が取得できるのか不安な方でも安心です。

一部の科目のみ取得する単位履修制度も受け付けているとのことで、他の高校で既にある程度単位を取得している人や、高認の試験要件を満たしたいという人にもおすすめ。最短4日のスクーリングで、タブレットを活かした効率のよい学習が可能となっています。

日本航空高校という名称の通り、航空技術が学べる「航空学科」が特徴的ですが、普通科も用意されているため少しでも興味が沸いた方はぜひ資料請求や説明会などを検討してみてください。オリジナリティ溢れる制服での登校もでき、きっと充実した高校生活が送れることでしょう。

また、希望すれば個別授業も可能なほか、進路指導も万全。卒業後の進路としては併設(北海道)の日本航空専門学校、日本航空大学校(石川県)への特別推薦枠もあり、そちらは就職率100%と非常に頼もしいので、航空系の仕事に就きたい方には最適な学校です。

日本航空高校のカリキュラム

日本航空高校には普通科と航空科が用意されていますが、通信制としてのコースはいずれも変わりません。最低限のスクーリングで卒業を目指すスタンダードコースや、遠方からも入学できるWebコース・社会人コース、そして毎日登校を行う通学コースまで、自分のライフスタイルに合わせた学習が可能です。

航空科の場合、航空機の基本的な製造や構造、仕組みなどの知識を身に付けながら、年に一度1週間程度の実習も踏まえてより実践的な学習を行います。航空、と一口に言っても様々な方面がありますが、こちらでは「航空技術」をメインに学べるようです。

日本航空高校の学費

あくまでも一例ではありますが、学費の支払い例としては以下をご参考ください。入学金や教育充実費を含め、初年度は34万円弱かかることが多いようですね。2年目からは入学金が不要となるので、30万円弱といったところでしょうか。一般的な通信制高校と比べると相場程度という印象です。

在校生・卒業生の声

公式サイトに掲載がありませんでした。

キャンパスがある地域

日本航空高校は、山梨県を本校として東京目黒、北海道千歳にもサテライトキャンパスが用意されています。しかし、全国に学習支援センターを設けているため、基本的にはどの地域からでも入学が可能です。

日本航空高校はどんな人におすすめ?

上記の情報を踏まえると、日本航空高校が最もおすすめなのはやはり「航空系の職業に就きたいと思っている人」と言えるでしょう。

その他には「身近な学習支援センターで、ネットを活かした無理のない学習を行いたい人」「素敵な制服で思い切り学生生活を楽しみたい人」などが挙げられます。まずは資料や学校見学などで、全体の雰囲気を知ってみるのが良いかもしれません。

地域から通信制高校を探す

SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較