全国通信制高校比較Navi【2019年最新】 » 【エリア別】おすすめ通信制高校情報まとめ » 日本全国の通信制高校を集めました » 東京芸能学園 高等部

東京芸能学園 高等部

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

2019年
おすすめの通信制高校3選

1. 第一学院高等学校

不登校だった生徒への手厚いサポート、学校の馴染みやすさなら

引用元(第一学院高等学校):https://www.daiichigakuin.ed.jp/

詳細はこちら

2. クラーク記念国際高等学校

通信で難関大学を目指すなら

引用元(クラーク記念国際高等学校):https://www.clark.ed.jp/

詳細はこちら

3. N高等学校

ITに強い授業内容

引用元(N高等学校):https://nnn.ed.jp/

詳細はこちら

こちらでは東京芸能学園 高等部の特徴、キャンパス所在地、主な学科・コース、在校生・卒業生の声、パンフレット、実際に聞いたクラスの雰囲気などについて紹介します。

芸能界を目指すならここ!高卒資格取得も可能な通信制高校

東京芸能学園 高等部
参照元:東京芸能学園 高等部公式サイト
http://www.togei-h.com

東京芸能学園 高等部は、名前の通り芸能界への入り口として最適な通信制高校です。40~50人が使えるダンスルームや、自主訓練にも使えるヴォーカルルームがあります。もちろん学習の方も充実しており、週1日の個別指導学習を行っています。高卒資格を確実に取得するのはもちろんのこと、社会に出てから役に立つ知識やビジネスマナーの指導も行っています。また、希望者には補習授業を行い、志望校合格へのサポートを行います。芸能関係のサポートとしては、芸能プロダクションや就職相談などに対応しています。芸能関係のコースが多いことからも分かる通り、トレーニングに必要な施設は充実しています。スタジオ4部屋、ヴォーカルルーム、シャワールーム、学生サロン、テラス、更衣室、パソコンコーナーが完備されており、快適な環境でトレーニングに励むことができるでしょう。

東京芸能学園 高等部の在校生・卒業生の評判

小さい頃からやってきたダンスを続けられる場所を見つけた!

私は3歳からダンスをやっており、これまでもずっとダンスを続けてきました。しかしその反面学業の方は良くなく、中学の成績はひどいものでした。そのため進学可能な高校を探すのにはずいぶん苦労しましたが、ようやくこの東京芸能学園 高等部を見つけることができました。ダンスとの両立ができるかどうかがいちばん心配でしたが、勉強は1週間に4時間程度で十分だったので、無理なく両立していけると思いました。なにより、普段から通っているスクール以外でもダンスができるのが嬉しくてたまりません。また、芸能系のコースの多い学校なので、私と同じようにダンスを楽しんでいる友だちができたのもよかったです。

心強い先生のおかげで人間関係のトラブルも大丈夫!

僕は高校2年のときに東京芸能学園 高等部に転校してきました。まず勉強面については、わからないところがあっても先生が粘り強く教えてくれるので、自分だけ勉強がわからずに遅れてしまうということがありませんでした。もちろん、自分の将来や進路のことについての相談にも親身になって応じてくれるので、安心して学校生活を送ることができました。人間関係のトラブルはゼロではありませんが、トラブルが起こっても先生がきちんと解決してくれるので長引かず、またみんなで仲良く学校生活が送れます。

様々な人達が集まる学校で、楽しく学んでいける!

私は芸能やダンスを教科学科として通っていますが、学校生活はとても楽しいです。いろんな目標を持っている人が集まる学校なのでたくさんの出会いがあります。授業内容については、生徒からの希望をちゃんと汲んでくれるのが嬉しかったです。希望した点は次の授業からしっかりと盛り込んでくれました。サポートは本当に優れていて、不登校だった生徒が学校に帰ってくるという点でもそのすばらしさが分かると思います。進路については、大学や専門学校への進学希望者は補習授業によって希望の進路に行けるようにサポートしてくれます。

他の学校かどう?
おすすめ通信制高校リストはこちら

東京芸能学園 高等部の主な学科・コース

芸能科
本コースはさらに、以下の5つのコースに分かれています。
  1. モデル・タレントコース
    ファッション誌などのモデルを経て、いずれは芸能界で活躍できるタレントを目指すためのコースです。
  2. TVタレントコース
    TV番組を飾る華とも言えるタレントを育成するコースです。
  3. ヴォーカルコース
    歌うことで自己表現したい、大勢の人に歌で思いを伝えたいという人のためのコースです。
  4. アクターズコース
    個性を活かした演技ができるようにレッスンを重ねていくコースです。
  5. 声優タレントコース
     声優に必要な発声と演技のトレーニングを行うコースです。
ダンス科
本コースはさらに、以下の5つのコースに分かれています。
  1. ヒップホップコース
    ダンスの華とも言えるヒップホップについて、流行のスタイルからその歴史までを学んでいくコースです。
  2. バックダンサーコース
    コンサートやプロモーションビデオに欠かせないバックダンサーを養成するためのコースです。
  3. ダンス&ヴォーカルコース
    流行のダンスミュージックを軸としたレッスンを行うコースです。
  4. ブレイキングコース
    ヘッドスピンからフットワークまで、ブレイクダンスのスキルを身につけるためのコースです。
  5. テーマパークダンサーコース
    各種のテーマパークで活躍するダンサーに必要な表現力と人間性を磨いていくコースです。
普通科

個別指導によって不得意科目でもじっくりと時間をかけて指導し、学力向上、志望校合格を目指します。

東京芸能学園 高等部の学費・授業料

ダンス科
年間授業料 600,000円(税込)
施設維持費 170,000円(税込)
初年度総額 770,000円(税込)
芸能科
年間授業料 600,000円(税込)
施設維持費 170,000円(税込)
初年度総額 770,000円(税込)
普通科
年間授業料 400,000円(税込)
施設維持費 140,000円(税込)
初年度総額 540,000円(税込)

※別途、通信制高校の学費として年間約200,000円、入学金50,000円が必要です。
(通信制高校の学費は就学支援金の対象になりますので、上記金額より軽減されます)

※3学科何れも、学費には高校卒業資格取得のための授業料が含まれています。

東京芸能学園 高等部の卒業率・進学先

Red Bull BC ONE ALL STARS、「EXILE」 LIVE TOURバックダンサー出演、などデビュー実績あり

東京芸能学園 高等部東京キャンパスの基本情報

住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-11
電話 03-6233-7773
公式hp http://www.togei-h.com
交通アクセス 【高田馬場】山手線/西武新宿線 戸山口 徒歩1分、東西線 3番出口 徒歩3分
【西早稲田】副都心線 2番出口 徒歩6分

地域から通信制高校を探す

SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較