【おすすめ通信制高校3選】
進学・進路に関する
サポート力No.1
難関大学
目指すなら
IT・グローバルに
強い授業内容
第一学院
高等学校

詳細はこちら ▶

クラーク記念
国際高等学校

詳細はこちら ▶

N高等学校

詳細はこちら ▶

【2019年版】全国通信制高校比較Navi » 【2019年最新】特徴と強みで一覧比較 » 北豊島高等学校

北豊島高等学校

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

こちらでは北豊島高等学校の特徴、キャンパス所在地、主な学科・コース、在校生・卒業生の声、パンフレット、実際に聞いたクラスの雰囲気などについて紹介します。

「社会で活躍できる女性」を育成するために!

北豊島高等学校
参照元:北豊島高等学校
http://www.kitatoshima.ed.jp/

北豊島高等学校は、大正15年の創立当初から「社会で活躍できる女性」の育成をその目的として発展してきました。それは2018年現在も変わらず、創立者・秋山ハルの「一人ひとりには天賦の芽がある」という言葉に基づき、生徒を育成しています。

高等学校の最大の特徴は、その徹底した少数精鋭の教育です。集団での詰め込み教育ではなく、1クラス30名の少人数制をとることで、より深く効率的な学習を実現しているのです。

北豊島高等学校では、特進コース、総合コース、国際英語コースの3コースを設けて、生徒一人ひとりの目標に合わせた学習プランを提供しています。また、3コース共通の特徴として、「土曜コース」、「オーダーメイド型進路指導」、「ホンモノに触れる」があります。

土曜コースは、外部から専門の先生を招いて、実際の技能を身に着けるというものです。講座内容は多岐にわたり、ピアノから手話、指圧から美術などジャンル問わずさまざまなものに触れることができます。

オーダーメイド型進路指導は、自己理解、進路研究、受験指導の3つのフェイズで進路を決定するプログラムです。自己理解で自分がどんな仕事に興味があるのか、自分にはどんなことができるのかを理解し、進路研究で希望分野のチェックや研究を行い、受験指導でゼミナールや補習で合格を目指します。

「ホンモノに触れる」とは、一流のプロの技能に実際に触れることで、学んだことを多角的に発展させることを目的としたプロセスです。

北豊島高等学校の在校生・卒業生の評判

私大文系を目指す人におすすめ。国立への進学も目指せる

北豊島高等学校の特進コースは、私大文系の一般を目指すなら適しているでしょう。国立大への進学を希望しているなら、積極的に先生に質問したり、学校側は配布している問題集をコツコツとこなしたりしていくといいでしょう。また、特進コースは内部生の割合が高いですが、外部生だからという理由で仲間はずれにされたりすることはありませんので安心してください。総合コースは指定校推薦やAO入試での進学を希望しているという人におすすめです。そのほか、看護系への進学希望者も多い印象です。国際英語コースは英語系の学部を狙っている人におすすめです。特進コースと比べて小論文の授業が多めです。校則はかなり厳しく、アルバイトやお菓子や雑誌の持ち込みなど、禁止事項が多いです。(卒業生)

少人数での授業で質問もしやすい。サポートも充実しています

生徒と先生の間の距離が近く、ひとり一人の面倒を丁寧に見てくれるいい学校だと思います。校則に関しては、ほかの学校に比べて厳しいので面倒に感じることもありました。いじめについてはあまりそういう話は聞きませんでした。授業については少人数制のおかげでサポートが手厚く、わからないことがあったらすぐに聞くことができるのが良かったです。また、そのおかげで予備校に通っている生徒は少なかったです。部活についてはあまり目立ったところはありませんが、バレー部だけは強い印象でした。少人数制の学校なので、どうしても各種イベントはこぢんまりとしたものでしたが、海外研修だけは充実していたので、海外での活動に興味がある人にはおすすめの学校だといえるでしょう。(卒業生)

本気で勉強をしたいなら特進コースがおすすめ

高校で本格的な勉強をしたいという人には、特進コースをおすすめします。先生との距離が近いので、わからないことがあったら気軽に質問できますし、勉強以外にも悩み事があったら気軽に相談できる環境なのがありがたいです。校則は厳しい方だと思いますが、私立の学校であればこのくらいは当たり前でしょう。生徒間の好き嫌いはもちろんありますが、教師と生徒間での大きなトラブルはあまりありません。部活については、運動部は少なめですが、バレーボールが強いです。また、女子校ならではの華道や茶道もあります。進学に関しては、もちろん本人の頑張りが必要ですが、先生方の手厚いサポートがあるので、安心して勉学に励めます。設備についても、学習しやすい環境が整っていると思います。(在校生)

他の学校かどう?
おすすめ通信制高校リストはこちら

北豊島高等学校の主な学科・コース

特進コース

学力重視で専門性を高めるためのコースです。3年間でセンター試験80%以上到達できるレベルを目標に、徹底的に学力を伸ばします。2年生から文系・理系に分かれての学習を始め、放課後にはほぼ毎日必要に応じて少人数制の無料ゼミを行っています。

総合コース

着実なスキルアップを図り、多様な進路に対応するためのコースです。授業は基礎をしっかり固めてから、応用を学んでいきます。3年次には充実の選択科目を用意しており、それぞれの進路に合わせた科目を選べます。また、自己表現力と人間力の育成にも力を入れており、面接や小論文の指導、豊富な校内行事でそれらを伸ばしていきます。

国際英語コース

ネイティブスピーカーと日本人の2人体勢の担任を配置して、徹底して英語の学習を行うコースです。英語を話す機会を多くするため、授業中だけでなくHRや朝学習までもすべて英語で行われます。週の約半分を英会話で過ごすことになるので、受験やテストのためだけではない「使える英語」を自然と身に付けることができます。

北豊島高等学校の学費・授業料

入学金 230,000円
授業料 396,000円
施設費 199600円
その他 144400円
初年度納入金 970,000円
入学手続き時 338,000円

北豊島高等学校の卒業率・進学先

四年制大学:立命館アジア太平洋大学、成蹊大学、佛教大学、白百合女子大、東京農業大学、玉川大学、千葉工業大学、埼玉工業大学など

短大:帝京短期大学

専門学校:医療・看護系、福祉系、家政・栄養系など

北豊島高等学校キャンパスの基本情報

住所 〒116-8555
東京都荒川区東尾久6-34-24
電話 03-3895-4490
公式hp http://www.kitatoshima.ed.jp/
他の地域のキャンパス情報 なし
SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較