【おすすめ通信制高校3選】
進学・進路に関する
サポート力No.1
難関大学
目指すなら
IT・グローバルに
強い授業内容
第一学院
高等学校

詳細はこちら ▶

クラーク記念
国際高等学校

詳細はこちら ▶

N高等学校

詳細はこちら ▶

【2019年版】全国通信制高校比較Navi » 進学・進路への悩み » 中学生の方へ

中学生の方へ

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

こちらでは中学校に通うことがつらかったので高校に通えるかどうか不安に思っている中学生に全日制高校に通う事に縛られず、自分に見合った学校を選ぶことが大切であることを説明します。

こんな悩みを持っていませんか?

人見知りなので友達ができない、部活動に入ったら先輩が厳しくてだんだん学校に行きたくなくなってきた、わけのわからない理不尽な校則が多い、勉強の進みが早くてついていけない、勉強のペースが遅すぎて授業の時間がムダだと感じる、学校が遠い、いつもいじめられる、将来何をしたいのかわからないなどの悩みを持っていて、これから高校に進学しても同じ悩みを持つのではないか、ちゃんと通えないのではないかと不安に感じている中学生はけっこういます。

そういう場合、必ずしも全日制高校に通いつづける必要は無いと考えます。

高校卒業の資格を取るために通信制高校に入学するという方法もあるんです。

まずは通信制高校を知って下さい

通信制高校は通信によって学ぶことで高校の資格を取得する高校です。1人ひとりに合ったペースと学び方で勉強することができるので、不登校だった人、現在仕事をしている人、高校を中退した人、勉強について行けなくて編入してきた人、芸能活動やスポーツと学業を両立したい人など色々な人が通っています。

通信制も全日制同様3年以上在籍し規定の74単位を取得する必要がありますが、基本的に通信で勉強し、年数回のスクーリング授業を受け、自分でレポートを提出しテストを受けることで単位を取得していきます。

学校によっては週何回通学するか自分で決めたり、年1回のスクーリング合宿に参加するなども選ぶことができます。

親に相談して反対されたら

通信制高校は自分に合った方法で学べるだけでなく全日制と比べて学費も安かったりしますし、自分の時間を確保しながら勉強したい人にとってはとても良い環境です。

しかし行きたいと思っても親に反対されてしまうかもしれません。もし反対されたら、まずはじっくりと話し合うようにしましょう。

いくら学費が安いといってもタダではないので親に負担をかけることになってしまいます。自分で学費を払うのでなければ納得してもらわなければなりません。まずは反対する理由を聞いてみましょう。反対する理由がわかったら、それに対してどう説明すればいいのか考えることができます。

ただ漠然と通信制高校に通いたいと言うのではなく、通信制高校に行くことで自分が得るメリットについても良く説明し、どうしても行きたいという熱い気持ちをわかってもらいましょう。

SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較