全国通信制高校比較Navi【2019年最新】 » 【エリア別】おすすめ通信制高校情報まとめ » 日本全国の通信制高校を集めました » 千葉県にある通信制高校の東葉高校の特徴・評判

千葉県にある通信制高校の東葉高校の特徴・評判

【登録日:

- 登録日:

2019年
おすすめの通信制高校3選

1. 第一学院高等学校

不登校だった生徒への手厚いサポート、学校の馴染みやすさなら

引用元(第一学院高等学校):https://www.daiichigakuin.ed.jp/

詳細はこちら

2. クラーク記念国際高等学校

通信で難関大学を目指すなら

引用元(クラーク記念国際高等学校):https://www.clark.ed.jp/

詳細はこちら

3. N高等学校

ITに強い授業内容

引用元(N高等学校):https://nnn.ed.jp/

詳細はこちら

東葉高校の特徴

東葉高校は、千葉県にある高等学校。通信制に関してはインターネット回線を利用して在宅で授業を受けられるというシステムや、東葉高校をはじめ3校が協力・連携することで作られたハイレベルな学びの環境などが特徴的です。

ネットを駆使しながらも、全日制の運営で培われたノウハウを活かしクラスメイトや先生方とも無理なくコミュニケーションを取れる環境は、これまで高校生活に馴染めなかった方にもおすすめと言えるでしょう。

卒業後の進路については、全日制では大部分が進学を行っていることもあり(うち30%程度は専門学校)特に進学に力を入れている印象。市川高等学校の協力により難関大学への進学をサポートする体制も整っているほか、マンツーマンの授業で学習内容も把握しやすくなっています。

また、スクーリングが年2回(合計10日程度)と集中型なのも魅力。定期的な通学が難しい方や仕事、アルバイト、その他スポーツや芸術活動などで忙しい方でも3年での卒業を目指すことが可能です。

東葉高校のカリキュラム

東葉高校では「AirCampus®」というインターネット回線を利用した映像授業が行われており、質疑応答や相談、クラスごとの意見交換などが可能となっています。公式サイトで体験版も利用できるので、気になる方は一度使ってみてください。

また、東葉高校の通信制は以下の3校がそれぞれの役割を果たしながら運営される「遠隔型通信制高等学校」としても知られています。

上記のような連携を活かしたネット教育を通じ、卒業までに74単位(別途スクーリング)を取得すれば卒業要件を満たせます。授業がマンツーマンということもあり、通信制でありながら学習内容を理解しやすいと評判です。

東葉高校の学費

東葉高校の学費は、授業料を月額として毎月納めることになっているのが特徴。入学時には34万円弱の金額が必要となりますが、次年度からは少なくとも入学金が不要なので、全体的な費用としては一般的な通信制高校の相場程度と思って良いでしょう。

入学時手続き金:339,000円

東葉高校の制服

全日制には制服が用意されていますが、東葉高校の通信制は基本的に服装自由となっています。もしスクーリングの際に制服を着用したいといった希望があれば、説明会やお問い合わせなどで質問してみてくださいね。

在校生・卒業生の声

在校生や卒業生の他に、現在通信制高校とプロ棋士を両立している生徒さんの記事も掲載されていました。学業と仕事を両立できる環境が整っていることが分かりますね。

引用元:東葉高校公式サイトhttps://toyohs.ed.jp/tsuushin/feature/voice/

引用元:東葉高校公式サイトhttps://toyohs.ed.jp/tsuushin/feature/voice/

引用元:東葉高校公式サイトhttps://toyohs.ed.jp/tsuushin/feature/voice/

キャンパスがある地域

ネット教育が評判の東葉高校ですが、キャンパスは千葉県にあるため、スクーリングも考慮してか募集地域は千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県在住の方となっています。

東葉高校はどんな人におすすめ?

東葉高校は、上記の情報から「通信制からでも難関大学への進学を目指したい人」「ネット環境を活かし、最低限の通学及びコミュニケーションで卒業したい人」「スポーツや芸術活動など、やりたいことと両立したい人」などにおすすめなのではないでしょうか。

ネット環境を活かしたカリキュラムもあって、通信制高校の中では画期的な印象もあるので、近くにお住まいの方はぜひご検討ください。

地域から通信制高校を探す

SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較