全国通信制高校比較Navi【2021年最新】 » 【エリア別】おすすめ通信制高校情報まとめ

【エリア別】おすすめ通信制高校情報まとめ

公開日:|更新日:

2021年
おすすめの通信高校3選

1. 第一学院高等学校

進学・進路に関するサポート力

引用元(第一学院高等学校):https://www.daiichigakuin.ed.jp/

詳細はこちら

2. クラーク記念国際高等学校

難関大学を目指すなら

引用元(クラーク記念国際高等学校):https://www.clark.ed.jp/

詳細はこちら

3. N高等学校

ITに強い授業内容

引用元(N高等学校):https://nnn.ed.jp/

詳細はこちら

ここでは全国にある通信制高校をピックアップしました。通信制高校は全日制や定時制と並ぶ教育課程です。基本的に自宅学習なので、一人ひとりに合ったペースで学習でき、月に数回学校に通うだけで、高校卒業の資格を取得できるのです。

社会人はもちろん、高校を中退した人や学業不振で卒業が困難な人など、さまざまな人が通っているのが特徴ですが、最近では不登校に悩む生徒や、発達障害の影響で通常の学習が難しい生徒などにも適しているとして注目を浴びています。また、芸能活動やアスリート活動で忙しい場合に通信制高校を選択する生徒もいるそうです。

東京のおすすめ通信制高校

通信制サポート校や、東京都外でも入学できる学校を含めるとかなり多くの学校があるため、「どの学校に行けばいいのかわからない」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは東京にある通信制高校の中から、特におすすめの3校をピックアップしています。通信制高校の特徴やアピールポイントも掲載。受講できるコースについても調べました。入学できる都道府県も載せているので、東京近郊で通信制高校を探している方は、ぜひご覧ください。

東京の通信制高校比較はこちら

大阪のおすすめ通信制高校

東京や神奈川に次いで全国で3位の人口を誇る大阪府。そんな大阪府には公立と私立を合わせて10校の通信制高校があります。平成29年度の生徒数は公立が2,091名で、私立が13,626名とのこと。卒業資格が取れるのはもちろん、学校によってはファッションや調理、語学など、それぞれに分野に特化し内容を選ぶことが可能です。

以前よりも生徒の年齢が若くなっており、生徒数は増加傾向にあります。学校へのニーズが変化してきた証拠だといえるでしょう。

大阪の通信制高校が知りたい人はこちら

名古屋(愛知)の通信制高校

名古屋は人口が約750万人と東京や神奈川、大阪に次いで多くの人が住んでいます。それに比例する形で、学校の数も多いのが特徴。

平成25年度に全日制の高校に通う生徒が約20万人、通信制の高校に通っている生徒は約8,000人となっています。メディアや芸能など独自のカリキュラムコースがある通信制高校が人気で、県外から入学する生徒も多数いるそうです。また、オプションコースが充実している学校や、独自の学習システムを持っている学校が多いのも魅力。

高校卒業認定を取得するためではなく、進学や就職などの将来の進路まで考えている人に、恵まれた環境です。

名古屋(愛知)の通信制高校が知りたい人はこちら

福岡の通信制高校

全国9位の人口規模を誇り、数多くの通信制高校がある福岡。人口密度が高いだけに通信制高校のほとんどは福岡市や北九州に集中しています。

交通アクセスが良いため、近隣の市町村からも通う生徒が多いのが特徴です。また都市部と言うこともあり、アルバイトを見つけやすいため、働きながらでも通いやすい環境にあります。

また、福岡内に専門学校や大学などがあるからか、卒業後の進学を見据えたコースも充実。好条件の中で通信制高校を選べる恵まれた環境だといえるでしょう。

福岡の通信制高校が知りたい人はこちら

北海道の通信制高校

北海道内にある通信制高校の最新情報をまとめました。

キャンパスのある通信制高校の数、卒業後の進学率や就職率、平均的な学費、毎日登校ができる学校、インターネットで授業を受けられる学校、道内で評判の良い通信制高校の口コミ評判など、北海道で通信制高校を探している方に役立つ情報を網羅的に紹介していますので、是非、参考にしてください。

北海道の通信制高校が知りたい人はこちら

広島の通信制高校

広島県では全日制の高等学校へ進学する学生の割合が多く、中学校を卒業する学生の大半を占めています。しかし、近年では通信制高校も1つの選択肢として考えられているようです。

年々、広島県内で通信制高校へ進学する生徒数は増加傾向にあります。広島県内にある通信制高校に進学しようと検討しているのであれば、卒業後の進学率にも注目したいところ。

広島県では高等学校卒業後の進学率が6割近くにのぼっているようで、このうちほとんどの学生が大学へと進学していることが分かっているのです。そのため、広島県内で通える通信制高校を選ぶときは大学への進学率も一緒に確認してみてください。

広島の通信制高校が知りたい人はこちら

新潟のおすすめ通信制高校

新潟県には、校舎を持つ2つの公立高校と3つの私立高校のほか、新潟に学習拠点をおく全国区の通信制高校が10校以上あります。そのほとんどは新潟市内か、日本海沿岸に近い越後線や上越線上にあります。内陸に在住する方はスクーリングしやすい場所で選ぶのも1つの方法です。全国区の通信制高校の中には、バラエティ豊かなカリキュラムもあります。

新潟の通信制高校が知りたい人はこちら

静岡のおすすめ通信制高校

静岡県には「静岡県立静岡中央高校」「キラリ高等学校」という校舎を持つ通信制高校があります。そのほかに静岡に学習拠点をおく全国区の通信制高校・サポート校が点在しています。そのほとんどが東海道線上にあるため、県北部に在住する人は通学やスクーリングが予想していたよりも「大変」ということも少なくないでしょう。通学する場所やスクーリングのカリキュラムをよく検討して選んでください。

静岡の通信制高校が知りたい人はこちら

奈良のおすすめ通信制高校

奈良県内に拠点がある通信制高校を5校紹介しています。普通科だけでなく進学コースや美術や芸術、美容、音楽などの専門分野のカリキュラムを学べる高校が。さらに、全国的にも珍しい女性だけの通信制高校というのもあります。

奈良県は大阪や三重県へもアクセスできるため、魅力的なカリキュラムがあるのであれば近隣県への通信制高校へ通うことも可能です。コースの内容やスクーリングの頻度を考慮して、自分に合う通信制高校を選んでください。

奈良の通信制高校が知りたい人はこちら

岡山のおすすめ通信制高校

岡山県に校舎のある通信制高校は3校あり、そのいずれも岡山市内に立地しています。全国区で展開する通信制高校のキャンパスも岡山市や倉敷市に集中しているため、通信制高校を選ぶときは、スクーリングする場所も考慮してください。

高校の中には年に1回の宿泊型集中スクリーニングを行う学校もあります。例えば興醸館高校では、瀬戸内海の笠岡諸島で4泊5日の集中スクーリングを実施。こういうプログラムであれば、大自然でさまざまなことが学べるため、楽しく参加できるかもしれませんね。

岡山の通信制高校が知りたい人はこちら

熊本のおすすめ通信制高校

熊本県の中でもとくに通信制高校が多いのが熊本市です。県立や私立の通信制高校以外に、全国区の通信制キャンパスがあります。ネットなどを利用して好きな時間に学べる高校から、週に1~5日間通学するコースまであるので、自分のスタイルに合う学校を選択しましょう。

中でも「くまもと清稜高等学校」は、阿蘇くじゅう国立公園の大自然の中にある学校です。普通科ですが、農林業体験や職業学習などを取り入れた体験学習を積極的に取り入れている珍しいタイプの高校です。

熊本の通信制高校が知りたい人はこちら

茨城のおすすめ通信制高校

文部科学省の学校基本調査によると、令和元年に茨城県内の通信制高校に在籍する生徒数は15,331人。全国的に20万人弱いる通信制高校生のうち、7.6%が茨城県の生徒という高い数値が発表されています。

茨城県内にキャンパスがある通信制高校は10校あって、日立市や水戸市、鹿嶋市、古河市、高萩市、つくば市など県内にまんべんなく分布されていて通いやすいという理由が挙げられます。

さらに、さまざまな専門ジャンルを学べる東京の通信制高校にも月に数回、あるいは年に数回であれば通えるエリアでもあります。高校卒業認定取得だけでなく、将来につながる分野を自分のペースで学ぶのに恵まれた環境といえるでしょう。

茨城の通信制高校が知りたい人はこちら

埼玉のおすすめ通信制高校

東京都の隣に位置する埼玉県にキャンパスのある通信制高校は10校以上あります。公立校は1つだけですが、私立校は9校(2020年2月時点)。その他にも近隣県や広域タイプのサポート校などを合わせると選べる選択の幅が広いのが特徴です。毎日通学するのでなければ、東京エリアも選ぶ範囲に加えることができます。

こちらでは、埼玉県内で通学できる・ネット教育などが受けられる通信制高等学校の特徴やキャンパス情報、学費の相場などを紹介していきます。

埼玉の通信制高校が知りたい人はこちら

千葉のおすすめ通信制高校

東京に隣接している千葉には、1つの公立校と8つの通信制高校があります。週1~5日の通学コースから、ネットを通じて授業を進めていけるスタイルまでさまざまなタイプから選べます。スクーリングや多彩な校外授業がある学校もあるので、自分スタイルや卒業後の進路を見据えた高校をチェックしてください。

こちらでは千葉にキャンパスのある通信制高校を中心に、その特徴やアピールポイント、学校概要などを紹介していきます。

千葉の通信制高校が知りたい人はこちら

京都のおすすめ通信制高校

京都府の高校卒業後大学等進学率は65.9%。都道府県別でみると、この数値は東京都の65.1%を上回る全国上位の数値です。教育に力を注いでいる京都府には、キャンパスを持つ公立の通信制高校が2校、私立校は7校あり、在宅コースや週数日通える通学コースなど、多彩なコースが設置されています。

さらに広域エリアや隣接した大阪の通信制高校を加えると、さらに選択肢は広がります。こちらでは、京都にある通信制高校の特徴や実際に通っている人の口コミなどをご紹介します。

京都の通信制高校が知りたい人はこちら

神奈川のおすすめ通信制高校

東京都に続き、全国で2番目に人口の多い神奈川県には、2校の公立と4校の私立の通信制高校があります。令和元年にこれらの高校へ入学した生徒数は、前年度より20%もアップしていることから、通信制高校へ進学するという選択肢が浸透してきたと言えるでしょう。

さらに神奈川には、広域エリアで展開するキャンパス校や学習拠点も点在します。在宅コースや通学コース、学校によっては美容などの専門コースや、英検といった資格試験をサポートするコースなど多彩なカリキュラムがあり、進学するにあたって選択肢の多いエリアとなっています。

神奈川の通信制高校が知りたい人はこちら

群馬のおすすめ通信制高校

群馬県には県立の通信制高校が4校あります。都道府県によっては、安く通える公立通信制高校が1~2校しかない場合もあるので、恵まれているといえるでしょう。

その他にも、広域エリアで展開する通信制高校がありますが、そのキャンパス校や学習センターは、高崎市や前橋市などに偏っています。公立校も県の中心部から南部に点在するため、県北部にお住まいの方は、路線などを検討する必要があります。ただし、ネット環境を利用するモバイルコースがある高校は、エリアを気にせず選ぶことができますよ。

群馬の通信制高校が知りたい人はこちら

SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較