全国通信制高校比較Navi【2019年最新】 » 知っておきたい!高卒資格の大切さ

知っておきたい!高卒資格の大切さ

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

2019年
おすすめの通信高校3選

1. 第一学院高等学校

進学・進路に関するサポート力

引用元(第一学院高等学校):https://www.daiichigakuin.ed.jp/

詳細はこちら

2. クラーク記念国際高等学校

難関大学を目指すなら

引用元(クラーク記念国際高等学校):https://www.clark.ed.jp/

詳細はこちら

3. N高等学校

ITに強い授業内容

引用元(N高等学校):https://nnn.ed.jp/

詳細はこちら

こちらでは高校卒業の資格を持っていないと年収に差が出てくること、中卒のまま社会に出て直面するネガティブ要素、高校中退者が高校卒業資格を取る方法について解説します。

高卒と大卒の年収差

中卒、高卒、大卒では将来就職した時の収入が違ってきます。

中卒男子と高卒男子を比較した場合年収差は約75万ですが生涯年収になると2000万円近く違い、高卒と大卒では数千万円の差が出てきます。

企業の募集資格は高卒以上というところがほとんどで、中卒の場合は応募すらできないことになってしまうので将来のために最低でも高校卒業資格を取っておくことは重要です。通信制高校を卒業しても高校卒業資格がとれないと思っている人もいますが全日制高校と同じく学校教育法に定められた高等学校なので同じ高校卒業資格を取得でき収入もほとんど変わりません。

ただ通信制高校の学び方は自学習が基本なので途中で挫折してしまう人も多いです。卒業するためには意欲をもって取り組むことが大事です。

高卒と大卒の年収差が気になる

中卒で迎える社会人人生

高校を中退して場合、最終学歴は中卒となってしまいます。高校を中退後にやりたいことが見つかって専門学校や大学に進学したいと思っても、高校の卒業資格がなければ進学することができません。

また就職希望の会社が見つかって応募したくても中卒という理由だけで断られたり、応募資格が高卒以上という企業も多いために応募もできないことがあります。

中卒だと普通の会社に就職できず日雇い、アルバイト、契約社員などの仕事しかできないことが多く将来結婚するときも大きなデメリットを抱えることになってしまい、高校中退というと世間的イメージも悪く社会の風当たりも強いです。

中卒で社会にでてしまうことの将来への不安

高卒資格を取得する

高卒資格を取る方法には通信制高校と定時制高校がありますが、昼間に仕事をしなくてはならない理由がないのであれば通信制高校がおすすめです。

通信制高校ならマイペース、マイスタイルで学習することができるので勉強以外の時間に好きなことをしたり、アルバイトをしたり、資格取得のための勉強をしたりすることができます。

専門学校や大学に進学したいという場合にも高校卒業の資格が必要となりますし、就職をする場合も中卒で応募できる企業はほとんどないと言っても良いので、最低限高校卒業資格は取得しておきたいところです。

高卒で取得できる資格には国家資格としては宅地建物取引士、行政司法書士、司法書士、通関士、介護福祉士などがあり、民間資格にはネイリスト、調剤事務管理士、ケアマネージャー、介護職員初任者などがあります。

高卒資格を取得するために

地域から通信制高校を探す

SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較