【おすすめ通信制高校3選】
難関大学
目指すなら
進学・進路に関する
サポート力No.1
IT・グローバルに
強い授業内容
クラーク記念
国際高等学校

詳細はこちら ▶

第一学院
高等学校

詳細はこちら ▶

N高等学校

詳細はこちら ▶

全国通信制高校比較Navi【2019年最新】 » 【エリア別】おすすめ通信制高校情報まとめ » 東京のおすすめ通信制高校情報まとめ

東京のおすすめ通信制高校情報まとめ

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

Google Map東京都地図

東京の通信制高校にはそれぞれ特徴があり、もちろん学費やキャンパスにも違いがあります。
また、大学進学を目指しているのか就職をしたいのかなどの卒業後の進路によってもおすすめの学校は異なります。
の数だけ、どんな通信制高校を選ぶべきか迷う親御さんや学生さんたちがいると思います。
ここでは、自分が希望しているような通信制の高校を見つけるための手助けとなるように、学校の詳細や学費、評判などをまとめてみました。

通信制高校になかなかイメージがわかないという方もいるかもしれませんが、できるだけ詳しくご紹介していきます。これから通信制高校への入学を考えている方はチェックして参考にしてみてください。このページを読むことで、あなたにぴったりの通信制高校が見つかりますように!

このページを読むと分かること!

東京のおすすめ通信制高校3選

東京の通信制高校を学費や卒業後の進学、通いやすさなどおすすめのテーマごとに分け、それぞれの評判をまとめました。

気になる学校の評判をチェックして、学校選びの参考にしてみてくださいね。

1.第一学院高等学校

第一学院高等学校公式HP画像
参照元:第一学院高等学校公式サイト
(https://www.daiichigakuin.ed.jp/)

第一学院高等学校の
公式サイトをチェック

問い合わせはこちら

第一学院高等学校の特徴

学校の特徴
  • 集団で勉強するのが苦手な方向けの通信コースを開設している
  • 通信制でも生徒1人ひとりに担任の先生がつき、勉強や進路についての悩みをフォローしてくれる
  • スクーリングは年に数回で、生徒が自分の都合に合わせて勉強できるシステムを採用
  • 通信での勉強だけでは不安な方には、個別でパーソナルサポートを実施(エリアによっては自宅もしくは指定の場所でも可能)
  • プロのキャリアカウンセラーによる就職カウンセリングが受けられる
東京にあるキャンパスの所在地 【四ツ谷キャンパス】
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-5
【秋葉原キャンパス】
〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町15-1-3F
【中目黒キャンパス】
〒153-0043 東京都目黒区東山1-4-1(渡辺高等学院 東京校)
【立川キャンパス】
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-3-13 Eightyeight Tachikawa Duo 4F
【町田キャンパス】
〒194-0022 東京都町田市森野1-13-1(6-8F)

第一学院高等学校の口コミ・評判

  • 初めは進学校に通い、大学を目指していましたが、突然病気になってしまい学校に通うことが難しくなりました。通信制の学校というと、本当に大学進学できるのかなというような不安がありましたが、先生はとても親切で丁寧で進路の話もしっかりと聞いてくれます。とても良い学校です。

第一学院高等学校の
公式サイトで詳細情報を見る

問い合わせはこちら

2.八洲学園高等学校

八洲学園高等学校公式HP画像
参照元:八洲学園高等学校公式サイト
https://www.yashima.ac.jp/hs/

八洲学園高等学校の
公式サイトをチェック

問い合わせはこちら
(東京・新宿キャンパス)

八洲学園高等学校の特徴

学校の特徴
  • 1992年に開校した通信制高校で、これまでに3万人以上の卒業生を輩出している
  • インターネットを通して授業を受け、在宅学習を中心に高校卒業資格を目指せる「通信クラス」あり
  • じっくり時間をかけて生徒1人ひとりに合った支援を行える「5年制クラス」あり
東京にあるキャンパスの所在地 【新宿キャンパス】
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-11-18 新宿711ビル7F
【池袋キャンパス】
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-11-10 ペリエ池袋4F

八洲学園高等学校の口コミ・評判

  • こちらの学校に編入する時は不安もありましたが丁寧に説明をしてくれたので詳しく分かりました。自宅学習もわかりやすく、サポートの環境も整っていました。友人をつくりたいという人にも、自分の時間を大切にしたいという人にも様々なタイプに合った学校だと思います。

八洲学園高等学校の
公式サイトをチェック

問い合わせはこちら
(東京・新宿キャンパス)

3.北豊島高等学校

北豊島高等学校公式HP画像
参照元:北豊島高等学校
http://www.kitatoshima.ed.jp/

北豊島高等学校の特徴

学校の特徴
  • 1992年に通信制課程をスタートさせ、生徒に合わせた教育を行なっている
  • 週1~2日のスクーリングで高校卒業を目指す2つのコースがある
  • ハローワークと提携してキャリアガイダンスを実施している
  • 国公立・私立の4年制大学や短期大学、専門学校への進学も目指せる
東京にあるキャンパスの所在地 【通信教育学習センター】
〒116-0002 東京都荒川区東尾久6-41-12

北豊島高等学校の口コミ・評判

  • 自分で自由に時間が取れるため、資格取得などに時間を使うことができて良かったです。ただ、スクーリングは少なめで自主的な学習が大変な時もあります。アクセスしやすい学校だったので楽でした。就職も進学もいろいろ選ぶことができました。

北豊島高等学校の
公式サイトで詳細情報を見る

問い合わせはこちら

東京の通信制高校事情

東京都にある通信制高校は、公立の通信制高校が3校(東京都立一橋高校、東京都立新宿山吹高校、東京都立砂川高校)、私立の通信制高校が9校(NHK学園高校、北豊島高校、日出高校、立志舎高校、大原学園高校、科学技術学園高校、聖パウロ学園高校、東海大学付属望星高校あります。私立校に関しては9校とも広域制が開設されているのが特徴です。

公立の3校には合計約1500名、私立の9校には合計約9300名が在籍しています。(※2017年4月時点)

東京都立一橋高校や東京都立新宿山吹高校、東京都立砂川高校の3校は、年間で24回の土曜日スクーリングを実施。東京都立砂川高校は平日スクーリング(年間16日)も行なっています。また、3校とも昼間部の定時制課程も設けられている学校です。

さらに、東京に本校がなくても入学でき、学習センターやキャンパスを開設している広域制の通信制高校がたくさんあります。インターネット上で授業が受けられ、東京でも学習サポートが受けられる通信制高校もあります。

東京の通信制高校数とキャンパスの数

東京にキャンパスがある通信制高校:12校

東京都の通信制高校は、公立の東京都立一橋高校、東京都立新宿山吹高校、東京都立砂川高校、3校と、私立のNHK学園高校、科学技術学園高校、北豊島高校、目黒日本大学高校、立志舎高校、大原学園高校、聖パウロ学園高校、東海大学付属望星高校9校で12校あります。

東京に住んでいても通える通信制高校:20校以上

東京に住んでいても通うことができる通信制の高校は飛鳥未来高校、あずさ第一高校、鹿島学園高校、クラーク記念国際高校、高野山高校、さくら国際高校、滋慶学園高校、精華学園高校、日本ウエルネス高校、日本航空高校、一ツ葉高校、ヒューマンキャンパス高校、北海道芸術高校、未来高校、屋久島おおぞら高等学校、八洲学園高校、代々木高校、ルネサンス高校、わせがく高等学校、勇志国際高校など20校以上あり、これらの通信制高校以外にもサポート校やネットでの全国どこでも入学可能な学校というものも存在しているので、さらに数は増えることになるでしょう。

東京内の高校進学率及び卒業者に占める就職者の割合

高校卒業後の進路

進路は誰にとっても大切なことです。学校選びも進路に関わる重要な事なので、慎重に選びたいものですね。では、東京で高校を進学した後はどのように進路を選ぶ人が多いのでしょうか。自分の夢に向かって専門的な勉強をしたいという方は大学や専修学校、専門課程を選ぶという人もいますし、卒業したらすぐに働くと考えている人もいるようです。

今はまだやりたいことが見つからない、という人もいるかもしれませんし、やりたいことが既に決まっているという人もいるかもしれませんが、進学するのか就職するのか、もしくはそれ以外、どのような道を目指していきたいのかを考える事は自分自身のためにもなるでしょう。

ちなみに、文部科学省によると平成29年度の高等学校(通信制課程)卒業者数は53,552 人(男子27,690 人,女子25,862 人)となっています。この数値は、前年度よりも1,286 人増加しています。

この卒業者のうち、大学等に進学した者は9,885 人、専修学校(専門課程)に進学した者は11,343 人、専修学校(一般課程)などに入学した者は704 人、公共職業能力開発施設などに入学者したものが490 人、就職者10,505 人となっています。

東京の高校卒業後の進学率について

年々大学への進学率は伸びてきています。東京都内の高等学校卒業者の進路はどのようになっているのでしょうか。見ていきましょう。文部科学省の学校基本調査資料高等学校卒業者の都道府県別進学率及び卒業者に占める就職者の割合によると東京都の大学進学率は64.7%を占めています。全国的での大学進学率が54.7%なので東京都は全国的に見て大学への進学を考える人が多いのではないかと考えられます。

一方で、東京の高校卒業者に占める就職者の割合は6.5%と低い傾向にあり、これは全国で一番低い数値となっています。つまり、東京のエリアで高校を卒業後に働くことを考える人は少ないということが考えられます。形は違いますが、進学などを考える人が多いエリアなのではないでしょうか。

全国的な平均を見ると17.6%、一番多いところで佐賀県が32.4%、東京の5倍近い割合で高校卒業後に就職すると言うことが考えられています。また男女別に見てみると、全国の大学進学率は男性が51.8%、女性は57.7%、卒業者に占める就職率の割合が男性は21.3%、女性が13.9%となっています。男性の方が平均よりも高校卒業後に働く割合が高いようです。

東京の通信制高校の学費相場

東京の通信制高校で一番安い学校は公立の東京都立一橋高校です。その初年度に納入することになる学費は23,265円。これは入学金500円、教材費22,000円、生徒会費765円となっています。さらに、支援金なども使うともっと安くなる可能性もあります。費用面で学校に行くのが難しいと考えている方にはうれしい金額ですね。

逆に学費が高い学校としては聖パウロ学園高校が挙げられます。といってもこれはコースによります。ちなみに週3日コースだと546,540円、隔週コース・放送視聴コースになると316,540円まで費用が下がります。

このように、学費は選ぶコースによっても様々なので、学校を選ぶ際は卒業までに合計金額がいくらかかるのか、学校側に問い合わせることをおすすめします。入学金などの初期費用が安かった場合も、逆に追加料金がかかってしまうこともありますし、逆に学費が高いと思っても教科書代やその他の雑費が全て最初に含まれていると言うことも考えられます。

ですから、学費に関しては自分が行きたいと考えている学校に聞くのが一番良いでしょう。

*学費相場データーを出すために参考にした東京の通信制高校は以下となります。

東京のタイプ別通信制高校数

通信制高校といっても様々な種類のものが存在しています。大学進学を目指すものから、専門的な技術を身につけるもの、通常の学校生活を送るもの、通学数の多いものから少ないものまで、自分のペースに合わせたスタイルを選べる野が通信制学校の魅力だと思います。東京での学校を探している場合はその学校のタイプにも注目してみて下さい。

毎日通学したいと言うような週5日制の通信制高校を探している場合は、東京だと、わせがく高等学校、クラーク記念国際高等学校、ヒューマンキャンパス高等学校、鹿島学園高等学校、八洲園高等学校、一ツ葉高等学校など様々な学校があります。これらは、全国的に入学可能エリアがあるものが多く、キャンパスも色々なところに建っている学校が多いです。

コースなどは学校に寄りますが、新しい友達を作りたいというような考えを持っている方や、学校に通いながら勉強をしていきたい、学校のイベントや行事などにも積極的に参加して楽しい学校生活を送りたいという人にはオススメのタイプの学校です。

学校によっては大学進学を目指しているコースやタレント、声優、美容、ペットなど自分の好きな専門分野を実習で勉強していくことができる学校もあります。

逆に、自分の時間を大切にしたいという方や働きながら勉強をしたいという方、あまりイベントや部活動などには参加したくないというような方には自覚学習がメインとなるネット授業可能なタイプの学校がおすすめです。このような学校だと登校する日数も少なくてすみますし、ほとんどのところが全国どこにいても学べるという学校が多いです。スクーリングの時間は学校によって異なりますが、少ないものだと年に1,2度行くだけになるので、学校へ通うことが難しい状況にある方でも、卒業がしやすくなるかと考えられます。

ネットでの授業が可能な学校は、クラーク記念国際高等学校、NHK学園高等学校、一ツ葉高等学校、ヒューマンキャンパス高等学校、トライ式高等学院、八洲学園高等学校、科学技術学園高等学校、鹿島学園高等学校、ルネサンス高等学校などがあります。

ネットを利用した学習をする学校ではスマホ・タブレット・PCでの勉強ができるので便利です。授業の動画を見てレポートを提出したりするものが多く、パソコンを使って自宅学習をすることもあります。

まとめ

東京では、高校卒業後に就職する人の割合は少なく、全国で就職率が一番低くなりました。一方で大学進学率は一番ではありませんが、高く、多くの高校卒業者が進学すると考えられます。アクセスも良い所なので,通いやすい大学も多くあるためか大学に進学したいと思う学生も多いのではないでしょうか。

進路の選び方は人それぞれです。こうしなければならないと言うような決まりはどこにもありません。自分がどうしたいか、ということで決めることが大切です。地域による特性はありますが、大学に進学したい場合でも、高校を卒業したらすぐに働きたいという場合でも、自分の気持ちを大切にして高校選びをしていきましょう。

東京で最もおすすめの
通信制高校3選を
もう一度確認する

SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較