全国通信制高校比較Navi【2019年最新】 » おすすめ通信制高校を強みで比較【2019年最新】 » 科学技術学園高等学校

科学技術学園高等学校

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

2019年
おすすめの通信制高校3選

1. 第一学院高等学校

進学・進路に関するサポート力

引用元(第一学院高等学校):https://www.daiichigakuin.ed.jp/

詳細はこちら

2. クラーク記念国際高等学校

難関大学を目指すなら

引用元(クラーク記念国際高等学校):https://www.clark.ed.jp/

詳細はこちら

3. N高等学校

ITに強い授業内容

引用元(N高等学校):https://nnn.ed.jp/

詳細はこちら

こちらでは科学技術学園高等学校の特徴、キャンパス所在地、主な学科・コース、在校生・卒業生の声、パンフレット、実際に聞いたクラスの雰囲気などについて紹介します。

独自のカリキュラムに基づいて幅広い要望に対応!

科学技術学園高等学校
参照元:科学技術学園高等学校公式サイト
https://tsushin.kagiko.ed.jp

科学技術学園高等学校、」通称「かぎこう」は、通信制高校の特徴を活かした独自のカリキュラムを特徴とする学校です。「通学型クラス(全日タイプ)」の週5日の通学を基本として、さまざまなコースがあります。大学受験を目標とする場合には国語・数学・英語の指導を受けることができますし、中学までの授業内容に不安がある場合はそれに対応したコースが選択できます。さらに、学校生活を楽しみたいという人にも適したコースがあるので、まずは自分の希望に沿ったコースを探してみましょう。

科学技術学園高等学校の在校生・卒業生の評判

マイペースな学習プランで仕事との両立も可能!

大阪分室を卒業しました。分室は江坂駅の近くにあって交通の便に関してはすごくよかったと思います。授業内容は自分の関心のあるものや受けたいものを選べるので、自分のペースで進めることができます。私はマイペースな性格なので、この点がすごく合っていました。私自身はアルバイトなどはしていませんでしたが、友だちの中には仕事と勉強をきちんと両立している人がたくさんいました。先生と生徒の距離が近く、スクーリングはとても楽しかったです。

資格取得の勉強に集中でき、希望の仕事に就くができた!

通信制高校ということで、多少周りの目が気になることもありましたが、学校では資格取得のための勉強に集中できたのでよかったです。授業は社会福祉コースを選択しましたが、自分の目標につながる勉強に注力できたので満足です。担任の先生も真剣に協力してくれました。

トラブルも少なく、誰でも居心地の学校です!

教師が親切に指導をしてくれますし、いじめなどのトラブルもないので安心して楽しめる学校だと思います。校則については過度に厳しいということもなく、自由な校風です。部活動の指導についても、だれもが楽しく活動に参加できるように自主性を重視した指導をしています。敷地は狭いものの設備はコンパクトにまとまっていて、学校生活を送るには不足はないと思います。

他の学校かどう?
おすすめ通信制高校リストはこちら

科学技術学園高等学校の主な学科・コース

通学クラス(全日タイプ)

希望クラスを選択した上で通学するコースです。科目はもちろん自分で決めることができるので、自分の目的や興味関心に合わせて受講することができます。また、学校に通学してたくさんの人と関わりたい人、新しい友だちを作りたい人にもおすすめのコースです。週5日の通学を基本としているので、通常の全日制高校と同じ感覚で通学できます。標準的な時間割はありますが、希望によって「大学受験プラン」「学校生活満喫プラン」を選ぶこともできます。

大学受験プランは国語、数学、英語の3科目での受験に対応しており、大学受験に備えるプランとなっています。学校生活満喫プランはサークル活動や学校行事に比重をおいたプランとなっています。

eラーニングコース

開講科目から選択した希望科目を、インターネットを利用して学んでいくコースです。ネット環境とパソコンがあればいつでもどこでも学習ができます。また、2日間のスクーリングを行います。一般的な高校生活に比べて時間的な余裕を持てるコースなので、高校の勉強をしながらスポーツや芸能などの自分の将来の目標に向かって進んでいる生徒が多いコースです。また、生徒一人ひとりに一人の担任がつくというマンツーマン体制を取っているのも大きな特徴です。

通信制課程・通学タイプ

40年以上の歴史と経験から得たノウハウを最大限に活かした学習方法を用いて、基礎部分からしっかりと学び直すことができるコースです。時間割は余裕を持って作られているので、自由な時間もしっかりと確保されています。また、少人数制のクラスできめ細やかな指導を受けることができるのも大きなメリットです。

通学コース(2DAYタイプ)

科学技術学園高等学校のモデルケースとも言えるコースです。平日クラスと曜日クラスに分かれており、平日クラスは1~2日、曜日コースは月1日の登校で単位取得、卒業を目指します。仕事や育児をしながら勉強したい人、勉強以外の活動と高卒資格取得のための勉強を両立したい人におすすめのコースです。

科学技術学園高等学校の学費・授業料

通学コース
入学金 20万円
施設費 18万円(入学時のみ)
校費 年間4万円
授業料 年間40万8,000円 ※4月・10月に20万4,000円ずつ分割納入。
キャリアアップ講座受講料 年間12万円 ※4月・10月に6万円ずつ分割納入。
修学旅行積立金 12万円(1年次・2年次) ※4月・10月に3万円ずつ分割納入。
備考 上記の費用の他に、教科書・学習書代がかかります。
登校・eラーニングコース
入学金 3万円
授業料 9,000円/単位
運営費 半期1万5,000円
施設費 半期5,000円
卒業準備金 3,000円(卒業時のみ) ※前期・後期の履修手続きごとに納入する必要があります。
備考 半期の履修単位数は10~15単位ほどで、個人によって変わります。例えば14単位履修する場合は、9,000円×14単位=12万6,000円です。
登校コースだけに存在する3日クラスは、上記の学費以外に教育充実費:12万円(半期)、教材費:5,000円(半期)がかかります。

科学技術学園高等学校の卒業率・進学先

国立大学 東京大学、大阪教育大学、東京工業大学、一橋大学、和歌山大学
私立大学 愛知産業大学、愛知東邦大学、大阪学院大学、大阪大谷大学、大阪芸術大学、大阪工業大学、大阪国際大学、大阪産業大学、大阪樟蔭女子大学、大阪成蹊大学、大阪電気通信大学、大阪人間科学大学、大妻女子大学、川村学園大学、神奈川大学、神奈川工業大学、関西大学、関西福祉大学、京都学園大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、杏林大学、近畿大学、慶應義塾大学、甲子園大学、國學院大学、国士舘大学、駒澤大学、駒澤女子大学、相模女子大学、上智大学、城西国際大学、松蔭大学、尚美学園大学、白百合女子大学、拓殖大学、大同大学、中央大学、中部大学、中部学院大学、帝京大学、帝塚山大学、鶴見大学、東海大学、東海学院大学 他多数

科学技術学園高等学校東京キャンパスの基本情報

東京本校
住所 〒157-8562 東京都世田谷区成城1-11-1
電話 03-5494-7711
公式hp https://tsushin.kagiko.ed.jp
交通アクセス 小田急線「成城学園前」駅より徒歩約12分

地域から通信制高校を探す

SCHOOLLIST 君の学校が見つかる!通信制高校を一覧比較